カスピ海ヨーグルトの作り方

ヨーグルトの母!牛乳にはこんなに種類があったんだ!

ヨーグルトとは牛乳に乳酸菌を培養させたもの。そもそも牛乳という肥育な土壌がなければ
ヨーグルトは誕生しません。牛乳はヨーグルトの偉大な母。
ここではヨーグルト作りに大きな影響を与える牛乳について、少しお話したいと思います。

 

 

牛乳ってこんなに種類があるんだ!

 

 豆乳、スキムミルク、生クリーム、牛乳……。
 手作りヨーグルトに使われる「乳」たち。その中で最もポピュラーな、 「牛乳」と呼ばれるものにも、
 実はこんなに種類があるのです。

 

 ・生乳 
  搾ったままの牛の乳。
  殺菌なし。1ml中に菌が3000〜50000個います。

 

 ・牛乳 
  飲むために、またはここから加工するために売られている牛の乳。
  無脂乳固形分が8.0%以上、乳脂肪分が3.0%以上のもの。

 

 ・特別牛乳
  牛乳の一つ。無脂乳固形分が8.5%以上、乳脂肪分が3.3%以上の
  もの。「濃い」牛乳ですね。

 

 ・成分調整牛乳
  生乳から一部の成分を取り除いたもの。無脂乳固形分が8.0%以上
  あること。

 

 ・低脂肪牛乳
  成分調整牛乳の一つ。生乳から乳脂肪分を取り除いたもの。
  (全部取り除いたのではない)無脂乳固形分が8.0%以上、
  乳脂肪分が0.5%以上1.5%以下のもの。

 

 ・無脂肪牛乳
  成分調整牛乳の一つ。生乳からほとんど全部の乳脂肪分を取り除いた
  もの。無脂乳固形分が8.0%以上、乳脂肪分が0.5%未満のもの。

 

 ・加工乳
  生乳に乳製品(バターやクリーム、脱脂乳など)を加えて加工した
  もの。無脂乳固形分が8.0%以上あること。

 

 ・乳飲料
  生乳に乳製品以外のもの(カルシウムや鉄といったミネラルや
  ビタミン、果汁、砂糖、コーヒーなど)を加えて加工したもの。
  無脂乳固形分、乳脂肪分の規定はない。

 

 

パッと見、同じ白い牛乳でも中身はずいぶん違うのですね。

 

ス―パーの牛乳売場に並んでいるパック。よく見ると種類のところに「牛乳」もしくは「乳飲料」と書いて
あると思います。

 

ヨーグルト作りに適しているのは「牛乳」と書いてあるもの
牛乳であれば、低脂肪乳でも無脂肪乳でも大丈夫。
うまく固まらない、時間がかかる、味がイマイチ、発酵温度の調整が難しい、などの意見もありますが、
基本的に脂肪の有無はヨーグルトを作るのに関係ありません。(詳細はコチラをご参照ください)。

 

「牛乳」でおいしい手作りヨーグルトを。

 

ヨーグルトの母!牛乳にはこんなに種類があったんだ!記事一覧

ヨーグルト作りには高温殺菌牛乳をパックのまま温めて

ヨーグルト作りに欠かせない牛乳。ヨーグルトを作るには、出来るだけの新鮮な牛乳を、温度を40度に上げてから使うようにしてください。いくらヨーグルトメーカーで発酵させるからといって、冷たいままの牛乳を投入するのはやめて。温まるまでに2時間要します。その分発酵時間も延びます。その間に雑菌が繁殖してしまうか...

≫続きを読む