カスピ海ヨーグルトの作り方

乳酸菌+酵素パワーでダイエットの味方!ケフィアヨーグルトの作り方

5種類以上もの乳酸菌に加え酵母までもが入っているケフィアヨーグルト。
通常より発酵パワーが強いので、腸内でのサポート力も高く、
お腹スッキリを実感できると評判のヨーグルトです。
そんな優れたケフィアヨーグルト、カンタンに手作りできるんです。

 

 

発酵温度は25度!室温でOK

 

 【材料】
 ・種菌(ケフィアヨーグルトの粉末種菌1包)
 ・牛乳500ml(成分無調整の牛乳がいいでしょう)

 

 【作り方】
 @冷蔵庫に冷やしておいた牛乳なら、フタをあけ、パックごと電子レンジで
  40秒くらい温め、30度くらいにします。
 A粉末種菌を@に入れ、ダマにならないようよく混ぜます。
 Bケフィアヨーグルトの発酵温度は25度。一般のヨーグルトの発酵温度である
  40度より低いので、そのまま室内に1日放置しておきます。
  冬場は保温カバーを巻いたりするなどして、25度が保てるよう工夫して
  ください。
 C24〜36時間で出来上がり。

 

 できあがったものは冷蔵庫で冷やして。もちろん、出来上がってすぐを
 そのまま食べてもOK.温かくてほわりとした、おぼろ豆腐のような感触に
 病みつきになるかも。

 

 注意すべき点は、種菌と牛乳をしっかりと混ぜることと、放置中は
 揺すったり混ぜたりしないで静かにそのままにしておくことです。
 どうなっているかなあと気になって、固まっていないとついついなんとか
 しようとしてしまいがち。でもここで手を加えるのはNG.
ケフィアヨーグルトは徐々に固まっていくのではなく、最後の2時間ほどで 
急速に固まるんだそう。だから焦らず、ただひたすらに待っていてあげて
くださいね。

 

 ケフィアヨーグルトはカスピ海ヨーグルトと違って、
 できあがったケフィアヨーグルトを種菌として次のヨーグルト作りに
 活かすことができません。

 

 それでもこのおいしさ、この安さ(5包で665円)なら、
 もっともっと作ってみたくなるはず。
 まずは1回お試しあれ。