カスピ海ヨーグルトの作り方

ヨーグルトはどっちがお得? 手作りVS市販で比べてみた

手作りヨーグルトは市販のヨーグルトを買うよりもずっとお得!
…と言われていますが果たして本当でしょうか?
検証してみました。

 

明治ブルガリアヨーグルトなど市販のプレーンヨーグルト(450gくらい)
を種菌として作る場合、ヨーグルトを仮に150円とします。
明治おいしい牛乳など成分無調整牛乳500mlを1本150円として計算して
みます。
種菌のヨーグルトを大さじ2杯として約10円。単純に牛乳と合わせて、
500mlのヨーグルトが約160円で出来ることになります。
これを1L175円の牛乳で作ってみると種菌のヨーグルト約20円と合わせて
単純に1Lのヨーグルトが約195円で出来ることになります。
市販のプレーンヨーグルトを2パック(900g)買って300円なら、自作の
ヨーグルトのほうが安いですよね?
つまり、
手作りヨーグルトは少なくとも1Lの牛乳パック分作るのでないと
 安くはならないんです500mlで作るのなら市販品のほうがオトク
です。

 

自作ヨーグルトを種菌として次々と植え継ぎをしていけば、手作りの
コストはもっと下がり、お得感が増しますが菌の力が弱まって雑菌が
入り込みやすくなるのであまりおススメはできません。

 

毎回の消毒や保温の手間を考えれば、それほど安いと実感できるもの
ではないでしょう。

 

人数が少ない、食べる量がそれほど多くない、毎日とても忙しいかた
なら、特売日に市販品を買ったほうがお得。

 

人数が多い、あるいは食べる量が多い、毎日必ずヨーグルトを食べると
いうかたなら手作りがお得
目安として市販のプレーンヨーグルトが 2日で終わってしまうのなら、
手作りのほうがいいでしょう。

 

毎日大量に消費し、しかも忙しいかたなら、いっそヨーグルトメーカー
買ってしまうのもおすすめ。夜セットしておけば朝にはフレッシュな
ヨーグルトが食べられます。電気代も月わずか80円程しかかかりません。
十分元がとれるほど活躍するでしょう。
ただし消毒の手間はかかります。それがイヤなら牛乳パックごと保温する
タイプのものを選べばOKです.(ヨーグルトメーカーの詳細はコチラからご覧
ください)。

 

経済性を重視するなら1L以上を手作りで。
さらに効率も上げるならヨーグルトメーカーで
作る楽しさを堪能したいならじっくりとアナログに乳酸菌を育て上げてくださいね。